褐色細胞の活性化で太りにくい体質に

褐色細胞を活性化することで、脂肪がつきにくくなります。加齢によって基礎代謝が下がるのは褐色脂肪の数が年と共に少なくなることによって、脂肪が燃えにくい体になってしまうためです。
褐色細胞の働きが活発な人はエネルギーをたくさん消費するので太りにくくなる傾向があります。逆に、褐色細胞が活性化していなかったり数が少ないという人は、脂肪が燃えにくく蓄積されやすいのです。

食べたものがすぐに脂肪になり、なかなか代謝されないという人の場合、褐色細胞は遺伝子の作用によって変異を起こしており、活性化していないことが考えられます。
日本人の3人に1人は、褐色細胞の遺伝子が変異していて、太りやすい体質だそうです。遺伝子の変異をどうする事も出来ませんが、努力次第では、褐色細胞の活性化が可能です。

褐色細胞を活性化させるためには、寒さや冷たさ等の寒冷刺激を与える事がよい様です。適度な刺激を与えるために、18度ほどの水で泳ぐなどしてみましょう。
この他、褐色脂肪を活性化させるためには、夜更かしを控えて規則正しい生活習慣を送り、昼間は活発に活動するなど、切り替えのはっきりした生活をしましょう。

子供の頃から寒い環境で育ったり、薄着でいることが多かったという人は、効率的に体温を上げるために褐色脂肪が活性化されやすくなっているようです。逆に、子供の頃から過ごしやすい気温の中で快適に育った場合は、体温調整が必要ないため褐色細胞が活性化しにくい体質になっています。

この記事のタグ

サイト内関連記事

コラーゲンとヒアルロン酸の違い
コラーゲンとヒアルロン酸には違いがあります。蛋白質の一形態であるコラーゲンは、生......
ヒアルロン酸とコラーゲンは美肌に役立つ美容成分
お肌の美容に有効な成分として、コラーゲンやヒアルロン酸があります。コラーゲンと同......
脂肪細胞が増えると肥満になる
肥満について知るためには、まず体内に600億あるという脂肪細胞と脂肪の関係につい......
白色細胞と褐色細胞がある脂肪細胞
脂肪細胞には白色細胞と褐色細胞と2種類の細胞があります。多くの脂肪を溜めておける......

▲このページのトップへ