白色細胞と褐色細胞がある脂肪細胞

脂肪細胞には白色細胞と褐色細胞と2種類の細胞があります。多くの脂肪を溜めておける油滴が白色脂肪のほとんどを占めています。これは、脂肪の倉庫のようなものです。
子宮を外部からの衝撃から防護するために、女の人の場合は腹回りに多くの脂肪を溜めやすい体質になっています。

洋ナシ型肥満という肥満体型がありますが、これは、皮下脂肪がつきすぎてできあがった皮下脂肪型肥満です。洋ナシのように、下半身が太った状態です。セルライトは加齢現象によって起きるものですが、これは皮下脂肪を溜め込みすぎることも原因になります。

皮下脂肪が増えて肥満になる女性と違って、男性は内臓まわりに脂肪が増えて肥満になります。大きめの骨の内側に脂肪が溜まるためです。男性がなりやすい肥満のタイプは、内臓のまわりに脂肪がつくパターンなので内臓脂肪型肥満といいます。
外見の形からリンゴ型肥満ともいいます。内臓脂肪型肥満は糖代謝異常や脂質代謝異常を起こしやすく、生活習慣病の発生を注意しなくてはいけません。

脂肪細胞には、白色細胞の他に褐色細胞があります。こちらは脂肪の蓄積率が白色細胞ほどはなく、脂肪をエネルギーとして分解してくれます。脂肪を燃やしてエネルギーに変える力があるのが褐色細胞の大きな特長といえます。
脂肪の消費率は、体内の褐色細胞の数と活性度合いに依存しています。つまり褐色細胞は、体脂肪を減少してくれるダイエットにとって有効な脂肪組織ともいえるのです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

コラーゲンとヒアルロン酸の違い
コラーゲンとヒアルロン酸には違いがあります。蛋白質の一形態であるコラーゲンは、生......
ヒアルロン酸とコラーゲンは美肌に役立つ美容成分
お肌の美容に有効な成分として、コラーゲンやヒアルロン酸があります。コラーゲンと同......
脂肪細胞が増えると肥満になる
肥満について知るためには、まず体内に600億あるという脂肪細胞と脂肪の関係につい......
褐色細胞の活性化で太りにくい体質に
褐色細胞を活性化することで、脂肪がつきにくくなります。加齢によって基礎代謝が下が......

▲このページのトップへ