脂肪細胞が増えると肥満になる

肥満について知るためには、まず体内に600億あるという脂肪細胞と脂肪の関係について知る必要があります。
人間の体には、60兆個の細胞がありますが、その細胞のうち1%が脂肪細胞になります。体脂肪の分解や合成、蓄積などは体内の脂肪細胞で行われています。脂肪に関する色々なことが脂肪細胞で起きているのです。蓄積された脂肪量が多くなると脂肪細胞は大きくなり、肥満の元になります。

1つ1つの脂肪細胞の大きさはそれほど大きくはありませんが、細胞の数が多いため、1個の脂肪細胞が1マイクログラムの脂肪を溜めると全身で60㎏もの脂肪を溜め込みます。
人体の脂肪細胞の個数は600億個に限定されているわけではありません。人によっては、3000億個の脂肪細胞を体内に持ち合わせていることもあります。

人間の一生を通して、脂肪細胞が急激に増える時期が何度かあります。妊娠末期の胎児の頃と生後一年間、そして思春期の3つの時代の栄養の取りすぎは要注意です。
かつて、人間の脂肪細胞は一定の年を越えると数が増えることがなくなり、それ以後の肥満は脂肪細胞に脂肪が蓄積され脂肪細胞自身がふくらむことが原因といわれていました。最も新しい報告では、脂肪細胞の数はある年齢を超えてからも増加するということが証明されています。

脂肪細胞には、白色細胞と褐色細胞の2種類があります。下腹部、お尻、太もも、背中、腕の上部・内臓周りにつくのが白色細胞です。首の周り、わきの下、肩甲骨の周り、心臓、肝臓の周りにつくのが褐色細胞です。

この記事のタグ

サイト内関連記事

コラーゲンとヒアルロン酸の違い
コラーゲンとヒアルロン酸には違いがあります。蛋白質の一形態であるコラーゲンは、生......
ヒアルロン酸とコラーゲンは美肌に役立つ美容成分
お肌の美容に有効な成分として、コラーゲンやヒアルロン酸があります。コラーゲンと同......
白色細胞と褐色細胞がある脂肪細胞
脂肪細胞には白色細胞と褐色細胞と2種類の細胞があります。多くの脂肪を溜めておける......
褐色細胞の活性化で太りにくい体質に
褐色細胞を活性化することで、脂肪がつきにくくなります。加齢によって基礎代謝が下が......

▲このページのトップへ