コラーゲンとヒアルロン酸の違い

コラーゲンとヒアルロン酸には違いがあります。蛋白質の一形態であるコラーゲンは、生命活動には欠かせません。ヒアルロン酸はムコ多糖類という糖の一種です。
ある程度は体内で作られているヒアルロン酸とコラーゲンですが、年を取ることで体内量が少なくなります。いつまでも若々しく、美しい肌を維持したいと願う方は、サプリメントや食品等から摂取することをおすすめします。

コラーゲンは、体内に存在するたんぱく質の約3割を占めています。特に皮膚に存在するコラーゲンの量は多く、真皮層の7割がコラーゲンという点からも、その重要度がわかります。
またコラーゲンはヒアルロン酸とは違い、身体全体の細胞や臓器を支えたり繋げたり、細胞の増殖や器官の合成、傷口を塞ぐ役割もあるのです。体内のコラーゲンが欠乏すると、肌が乾燥しシワやシミが増えるだけではありません。関節の痛みや骨粗しょう症の原因にもなってしまいます。

コラーゲンを多く含む食品は高カロリーな物が多く、脂肪過多で身体に負担が掛かるので注意も必要な場合もあるようです。コラーゲンそのものはアミノ酸の一種でもあるタンパク質なので、コラーゲンを多少摂取しすぎても大丈夫なようです。

コラーゲンを美肌を作るための成分として関心を抱いたなら、美肌になるために必要な成分としてヒアルロン酸も併用すると弾力のある若々しい肌を作ることができるでしょう。最近ではコラーゲンとヒアルロン酸が一緒に含まれているサプリメントやサポート飲料も発売されていますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ヒアルロン酸とコラーゲンは美肌に役立つ美容成分
お肌の美容に有効な成分として、コラーゲンやヒアルロン酸があります。コラーゲンと同......
脂肪細胞が増えると肥満になる
肥満について知るためには、まず体内に600億あるという脂肪細胞と脂肪の関係につい......
白色細胞と褐色細胞がある脂肪細胞
脂肪細胞には白色細胞と褐色細胞と2種類の細胞があります。多くの脂肪を溜めておける......
褐色細胞の活性化で太りにくい体質に
褐色細胞を活性化することで、脂肪がつきにくくなります。加齢によって基礎代謝が下が......

▲このページのトップへ